利重窯<rijyu> [言葉空間]

鹿児島県鹿屋市にある利重窯の作品や作品展のお知らせ。また、 日々のことなど・・ 気ままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月そして5月

2011042915562014032.jpg

4月15日から開催いたしました
「暮らしの器展」徳田正人 も
おかげ様で25日無事終了致しました。

期間中、ご来場頂いた客様、
そして、毎日のようにこの画面上でご覧下さった皆様、
有難うございました。

さて、後片付けが終わったと思ったら、もう5月です。

しばらくは常設の利重ですが
5月20日からは

御茶碗屋 つきの虫
新納虫太郎さんの作品展を開催致します。

黒・しろ・そして紬の模様
いろいろな器が楽しめそうです。

こちらもお楽しみに。

for a long time together
陶芸家・新納虫太郎展

5.20(金)-5.30(月)
スポンサーサイト
  1. 2011/04/29(金) 16:17:00|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

利重のDM

201104241724576522.jpg

作品展の度にご案内のハガキをつくります。

それを直接お客様に郵送したり、
ご協力頂けるギャラリーやお店とかに置いていただき
皆さんにご来場いただいているわけですが、

また、数軒ご協力いただけるお店が増えそうです。

今回は鹿屋市だけでなく、曽於市や志布志市にも。

きちんとお願いできてからここでもご紹介いたしますね。


「暮らしの器展」徳田正人

明日までです。
 
 
201104241818247725.jpg
  1. 2011/04/24(日) 17:45:00|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「暮らしの器展」徳田正人 

2011040215405330012.jpg

 あと2日になってしまった
 徳田正人氏の「暮らしの器展」

こんなセッティングはちょっと軽いイメージに見えるかもしれませんが
しっかりとした手仕事の器だからこそ
洋にも和にも、ものの良さを損なわず、似合います。


2011040215393230013_1.jpg


器とは、観て、使って、愛でるもの、

「暮らしの器展」徳田正人

4月25日(月)まで

art gallery 利重
  1. 2011/04/23(土) 18:44:00|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜の便り・・・?

2011042214550913813.jpg

 ちょっと遅くなりましたが、
 関東より桜の便り?が届いていました。

 封筒の切手は桜づくし。
 見えにくいですが、20とみえる切手は
花咲かじいさんの絵です。
ほんとにいつも良くそろえているな~~と感心します。


2011042214550913813_2.jpg

黒い袋は横浜のホテルのもの。
中にはこの二つのお菓子。
さくら風味のブランデーケーキみたいのと、
桜の形のは厚手のクッキー。
かわいい・・・。

長崎の桃カステラを思い出しました!



2011042214550913813_1.jpg

そして、送ってくれるのがシリーズ化してしまった
(私がそうさせているのでしょうか・・coldsweats01
季節のオカキ。
ちょうちょのえびせん!!

もったいないけど、いつもそうやって期限切れになるまで
食べないでいるので、
今回はこの写真を撮ってすぐ、実は頂きました。

おいしかった!!

桜の洋菓子の方は
これから頂きます。


まだまだ毎晩のようにテレビのテロップに地震の速報を目にします。
どうぞ気を付けて過ごして下さいねcherryblossom

ありがとう。
  1. 2011/04/22(金) 15:33:00|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毎日に使って馴染む・・・


新年度になって、いっきに暖かくはなったのに、
またここ2,3日、4月も後半というのに寒が戻り、
何となく不安定な春です。

どこもそうなのでしょうか・・・。

2011042114021115805_1.jpg

でも、お花はちゃんと季節を表してくれます。

春というより初夏?
「皐月」を感じる芍薬を
焼き締めのスッキリとした筒型の花入れに入れてみました。


2011042114021015805_1.jpg

こちらも焼き締め、直径8cmほどの豆皿。
意外と使えるのですが、あまり無いサイズです。
しかも1枚¥300!!申し訳ないような価格で、
残りはあとこの5枚となりました。


2011042114021115805.jpg
緑釉の器

2011042114021015805.jpg
粉引きの急須とお湯のみ

いずれも使いやすく、使うことで生活に馴染む器ばかりです。


器とは、観て、使って、愛でるもの、
「暮らしの器展」 徳田正人

来週月曜日(25日)まで開催です。

  1. 2011/04/21(木) 15:32:25|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

2011041817040330277.jpg

「暮らしの器展」 徳田正人
4日目を迎えました。


今日は、5月と6月にそれぞれ利重で作品展を開催してくださる

お茶碗屋 つきの虫  新納虫太郎 さん

祁答院窯 詩季工房 細山田敬子 さん

が打ち合わせ方々来てくださいました。

新納さんは5月20日から。
同時にご自分の窯元ギャラリーでもイベントをなさいます。
初日20日には、FMかのやの「今が旬」と言う番組に
電話出演もしてくださる予定です。

細山田さんは 6月10日から。
こちらは今日日程が決まったばかりですので、
もろもろはまた後日。


陶芸の作品展が続きますが、
今回の徳田氏の作風とはまたそれぞれ違い、
どんな作品展になるかどちらも楽しみです。


2011041419053518093_2.jpg
徳田正人カップ群

手前のカップ、ごつくて大振りですが、存在感大有りで、
自分用にするなら、今回筆者の一押し!
  1. 2011/04/18(月) 17:30:50|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うれしい感想!

2011041712554729568.jpg

 どっしりとして、土味豊かな、徳田正人氏の器は
どちらかといえば「秋」が似合うのかも知れません。

が、

こんな刷毛目の器は
風薫るこれからの季節にぴったりです。

2011041712554729568_2.jpg

2011041712554729568_1.jpg


先日のこと。

少し前に利重のマグカップを買って下さったお客様がまた寄ってくださり、

「あれを使い出してから、コーヒータイムがとても楽しいんです。
コーヒーを落とすところから気持ちが違います」
と、うれしい感想を頂きました。

それまでは余り器に気を使っていなかった・というこのお客様。
・・陶器のカップで飲むとおいしいのでしょうね~・・と
ちょっとチャレンジだったようですが
こんな風にカップ一つで
何気なくコーヒーを飲むという行動が、
*しばし大事に過ごす時間*に変化したと聞き、うれしいかぎりでした。


また、昨日のこと。

「そろそろ利重さんに遊びに行きたいな~と思っていたら
郵便屋さんが葉書を届けてくれたので、
出かけたついでに来ちゃいました」

たまに寄ってくださるお客様が夕方寄ってくださいました。

普段から、ふ~っと
・利重に遊びに行きたい・と思ってくださるなんて
これまた、うれしい言葉でした。

たっぷりとしたつくりの徳田氏の器に囲まれて
「落ち着きますね」との感想も。

どちらのお客様も
土の持つ雰囲気を気に入ってくださったのですね。

2011040215393230013_1.jpg


  1. 2011/04/17(日) 14:27:58|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

母の日にも・・・

2011041612504531591.jpg

 「暮らしの器展」 徳田正人

私ブログ担当者、とても気に入っている
高さ11cm程の四角い花入れ。

椿や梅などの枝物もいいでしょうし、
やさしい草花も。
和でも洋でも合いそうです。
また、小さな雑貨などと並べて飾るだけでもステキです。


奥に見えているのは
先日、いつもお世話になっているお花屋さん
*ローズティーさん*に頂いたのですが、
ブラッククローバーというそうで、
グリーンではなく、クリムゾンレーキみたいな濃い(黒っぽい)の赤。
とてもカワイイです。

作者徳田さんとしては違うイメージかもしれませんが、
この花入れととても似合う気がして
並べて飾っています。

4月も半ば。
気がつけば母の日も近づいてきました。
お花に花器を添えて贈る・・・いかがでしょう。

*
*
*

2011041612504631591.jpg

お料理好きのお母様には
こんなシンプルな粉引きの楕円皿も。

一人でランチする時のプレートや、
オードブルを並べたり、盛り皿にも・と
重宝しそうですね。
  1. 2011/04/16(土) 13:21:00|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「暮らしの器展」 徳田正人

2011041517440811623.jpg

 徳田正人氏らしい豪快な鉢!

大小さまざまな器がありますが、
中でも特に存在感のある一品です。



かと思うと
ふっくらとした粉引きのお湯のみ。
小ぶりでとても手に馴染みます。

2011041517440811623_1.jpg




小皿もいろいろ・・・

2011041419053518093_1.jpg


そして大小の蓋物も・・。

2011041517440811623_2.jpg

「暮らしの器展」 徳田正人
25日月曜日までです。
  1. 2011/04/15(金) 18:10:03|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徳田正人展 明日から!



2011041419061316530_1.jpg


松韻窯・徳田正人氏の作品展、

器とは観て使って愛でるもの
「暮らしの器展」徳田正人

明日からです!

力強い徳田氏の焼き〆の鉢や花器に加えて、
今回は普段に土もののよさを使って味わって頂きたいと
カップや小皿などもたくさん揃いました。

このところ利重では「お皿」が少なかったので
お探しの方はぜひ!

使い勝手のよさそうな
長皿、楕円皿、豆皿、正方形もステキです。

2011041419053518093.jpg

種類はたくさん出品していただいておりますが、
一つ一つの数には限りがありますので、
是非お早めにご来場ください。


「暮らしの器展」 徳田正人

2011.4.15(金)-4.25(月)
10:00-19:00

art gallery 利重
tel 0994-41-3392

  1. 2011/04/14(木) 19:22:11|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての邦楽リサイタル!

201104011442312854.jpg

 新しいことにはチャレンジしてみるものです!!

 先程、このリサイタルに行ってきましたが
 今までの和楽器の印象とは全く別のものでした。

「筝と尺八」
リサイタルの構成は
皆さんご存知の「春の海」のにはじまり、次第に現代の曲へ。
終盤は鹿屋在住の作曲家
久保 禎さんと田口和行さんの曲。

休憩を挟んで2時間ちょっと。
楽器はこの二つのみなのですが、
飽きることなく最後まで、というか、
次第に演奏に引き込まれた感じでした。

前半の古典的曲も、こういう場で聞くと曲と正面から向き合うので、
お正月にスピーカーから聞こえる
「聞きなれたメロディー」ではなく、
弦の響き、尺八の息使い。
そして洋楽と異なる境目の無い音の広さ。
細かい音も聞こえ、今までの印象とは違って
「出来た時は現代曲だったんだ!」となぜか思ってしました。
(すみません、意味不明ですが)

そして今日が初演の久保さんと田口さんの曲。

和楽器で現代曲と聞くと、
かなり難解な曲かと思いましたが、
どちらも情景というのか、雰囲気が目に浮かぶ音の運びでした。

田口さんの曲にいたっては
情景というより、前衛のお芝居をみているかのような・・・。



「紙を落とすのも楽譜にかいてあるのですよね?田口さん」
(これまたすみません。リサイタルに行った人しかわかりませんね。)


久しぶりに脳の中がじりじりしています。少し体内活性化したかな。

やはりなにかきっかけがあるときは
思い切ってチャレンジするものですね!
  1. 2011/04/10(日) 19:23:24|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お守り

2011040215405430012_2.jpg

 震災から2週間がたったころ、
 関東、そして岩手の友人にメールを送ってみました。
 
それぞれに家族構成も違い
それぞれに心配や不自由があることと思うのですが、
皆、一応に元気にしている・大丈夫と
返信が返って来ました。

それから2,3日して
埼玉の友人からこんな贈り物が届きました。

兎が神社の使姫として用いられ、
正面入り口の狛犬の代わりにも
兎が用いられているという
浦和の「調神社」のものです。

とてもやさしい・かわいい置物のお守りです。

お守り・・こちらが送らなくてはいけないのに。
全く逆です。
ありがとう。


2011040215412329989.jpg

そしてもう一つ。

まねきねこのチョコボール?
猫の顔や模様は袋に描いてあって、
白いボールが二個ずつ入っています。
アイディアですね!

これもお守り代わりに飾りましょう!
  1. 2011/04/05(火) 15:07:38|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Region 23

region23.jpg

 Regionの23号が届きました。

今回は大隅特集!!

特集名も「大隅才発見」

大隅で活躍しておられる方を
多方面から紹介しています。
みなさんがご存知のあの方・この方・・・。

大隅の良さが
広く伝わればいいですね。


いつも楽しみにしている付属のポストカードは
ごうはらかなこさんの画。


先日ここでふれた
作曲家の田口和行さんもインタビューされていますよ。


FMかのやのみなさんの
とてもいい笑顔がステキです!


店頭で自由にお取りいただけますので、
どうぞご覧ください。

:::::::

ちなみに
ごうはらかなこさんは
6日まで
鹿児島市のホワイトギャラリーで
個展を開催中です。

2011031613570929595.jpg

  1. 2011/04/04(月) 14:18:41|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徳田正人(松韻窯)展

2011040215393230013.jpg

 今年もあっという間に新しい年度が始まりました。

1月の枦山父娘展から丸2ヶ月。
ちょっとさぼってしまいましたが、

4月15日から吹上町の「松韻窯」
徳田正人氏の作品展を開催致します。

徳田氏の器は
力強く、存在感のある1点ものが見所ですが、
今回はそれに加えて
普段使って頂きながら
土もののよさを感じていただける
小物も並びます。

焼き〆、粉引き、三島手・・

徳田正人の「土」をじっくりと味わってください。

2011040215393330013_1.jpg

*********

器とは、観て、使って、愛でるもの、
「暮らしの器展」 徳田正人

2011.4.15(金)~4.25(月)
10:00-19:00 会期中休みなし

art gallery 利重


  1. 2011/04/02(土) 16:16:13|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月10日のリサイタル

201104011442312854.jpg

 このところ、仕事以外のことに時間を取られて
 我ながら何をしているのか。・・・。

今朝もそんなこんなで
開店時間を過ぎてギャラリーにたどり着くと、
今まさにドアを開けようとしているお客様の姿。

作曲家の田口和行さんでした。

以前から「春のリサイタル」のお話は聞いていましたし、
ポスターとチケットもお預かりしていましたが、
まだまだ先・・・と
ここではまだご紹介していませんでしたね。

今日は、その告知でFMかのやさんに生出演なさった帰りに
ギャラリーに寄ってくださったのでした。

このリサイタルは
和楽器のデュオリサイタル(筝と尺八)で、
田口さんと
やはり鹿屋市花岡町にお住まいの作曲家
久保 禎さん(現在、鹿児島国際大学教授)の
新作も初演されます。

和楽器というと
ちょっと距離を感じる?方がいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方は
鹿屋在住の作曲家が
(というか、若い作曲家がこの鹿屋市に二人もいらっしゃること自体驚きですが)

どんな曲を書かれているのか
という興味から演奏会に足をお運びになってはいかがでしょうか。
そうやって
今までの自分と違うものにふれ、
自分の世界が広がる・・・

な~~んてちょっと偉そうですが
とにかく、たくさんの方に
いろんなものに
触れて頂きたいわけです。

はい、失礼致しました。

**********

梶ヶ野 亜生 & 福田 井山
デュオリサイタル

2011,4,10(日)
開演 15:00
会場 リナシティかのや ホール

お問い合わせ
デュオ・リサイタル実行委員会事務局
久保さん 0994-46-4923
<チケットは利重でもお預かりしております。>

 
  1. 2011/04/01(金) 15:45:00|
  2. 記事一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ceramy

Author:ceramy
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (38)
店舗情報 (3)
記事一般 (401)
作品展 (82)
松元章作品 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。